結婚式ご祝儀のマナー

結婚式ご祝儀のマナー

結婚式ご祝儀のマナー、書いていきます。結婚式に招待されたときに、まず1番に考えてしまうのはなんですか?服装ですか?テーブルマナーですか?違いますよね。結婚式ご祝儀のマナー、紹介します。おそらく、誰もが真っ先に「ご祝儀(結婚祝い)の金額をいくらにするか?」を考えてしまうと思います。ご祝儀とは、本来結婚を祝う気持ちを表すものですから、気持ちの分だけをお金に換算してご祝儀袋に入れればいいわけですが、自分だけ安かったらどうしよう、とか、あの人はいくらくらい包むのかな?とか、他の人とできるだけ相場を合わせたいと思いますよね。ご祝儀をいくら包んだらいいかと言うことですよね。実際に他人はいくら包むのかが気になってしまいますし、一般的な相場というものもあるのが現実です。結婚式ご祝儀のマナー。遠縁の方は、1万円で済む場合もあります。逆に新郎新婦やその両親との付き合いを長年続けてきているような場合には、5万円、10万円と包むこともあります。いろいろ調べてみましたが結婚式のご祝儀は、新郎新婦の兄弟姉妹を除けば、3万円が一般的な相場です。気をつけなければならないのは、ご祝儀袋に入れる金額のマナーです。結婚式ご祝儀のマナー。気をつけなければならないのは、ご祝儀袋に入れる金額のマナーです。2万円という2つに割り切れる数、そして、4万円という縁起の悪いとされる数字の金額、これは避けた方がよいでしょう。これらの数字は結婚式には不向きとされているからです。ちなみに結婚式のご祝儀袋のマナーは、地方によって多少異なります。結婚式に出席することになったら、まずは、一緒に招待された知人や友人に金額を相談してみて下さいね。

牛久市 婚活 結婚相談所

オーネット 婚活

posted by 結婚 at 20:05 | 結婚